FC2ブログ

記事一覧

モデルチェンジはいつ?新車販売カレンダー
新車販売スケジュール

2015~2016 国内新車販売スケジュール


スポンサーリンク

2016秋発売決定 新型bBは、パッソ/ブーンをベースに1.0Lターボも登場か

ちょいワルな印象をもつ、トヨタbBの後継車が2016年秋に登場する。

現行2代目は、2005年に発売され、このときからパッソ(ダイハツ/ブーン)がベースとなっている。

若者向けのエクステリアや装備内容が評価され、10年以上も販売され続けていたbBだが、2016年4月でオーダーストップにより生産終了となる予定だ。

とはいっても、一部の若者にも人気があるbB。

10年以上も販売されていたのには、それなりに評価も高かったからだろう。

廃盤になって残念な人もいるかもしれないが、2016年秋に、bBの後継車が発売するということが分かった。

ネーミングはまだ分からないが、きっとbBのコンセプトを受け継いだクルマになるのは間違いない。

今回は、そのbBの後継車について紹介する。

173-2.png
参照:トヨタHP

新型bBの発売はいつ?


トヨタは、自動車新聞で、小型トールワゴン"bB"の後継車を2016年秋にも市場に投入すると発表している。

従って、発売時期は、2016年秋で間違いはなさそうだ。

さらに、今までネッツ店専売車だったbBだが、フルモデルチェンジを期に、トヨタ全系列店で併売するとしている。

なお、新型bBは、トヨタの子会社となったダイハツが生産することになる。

新型bB 予想スペック


新型bBスズキ ソリオ
エンジン直3DOHC
+ターボ
直4DOHC
排気量996cc1242cc
最高出力
(ps)/rpm
90PS/91PS/
6000rpm
最大トルク
(kgfm)/rpm
15.0kgfm/12kgfm/
4400rpm
モーター最大出力
(ps)/rpm
3.1PS/
1000rpm
モーター最大トルク
(kgfm)/rpm
5.1kgfm/
100rpm
JC08モード燃費28.0km/L27.8km/L
全長(mm)38003710
全幅(mm)16901625
全高(mm)16351745
ホイールベース25402480
重量(最軽量)1000950
価格予想170万円~169万円

大きさについていえば、bBの後継車となることを考えれば、旧型と大きく変わることはないだろう。

エンジンは新型エンジンである1.0Lターボエンジンが搭載される予定だ。

というのも、パッソに採用されている1.0Lエンジンは、燃費に関してはソリオに勝るものの、パワー面で劣ってしまうからだ。

パワー面や燃費、価格については、ライバル車であるスズキソリオを意識したスペックになると予想する。

新型bB 装備やエクステリアなど


すでに常識となりつつある、衝突安全ブレーキは標準装備となるだろう。

セーフティセンスCあるいはPとなるだろうが、ライバル車のスズキ ソリオは、車だけでなく人をも検知するステレオカメラ方式を採用している。

高齢化社会となり、小型車こそワンランク上の安全システムが必要となってきた。

コスト面から考えればセーフティセンスCであるが、ライバル車や社会全体を考えればセーフティセンスPとするのが妥当であるといえる。

一方、エクステリアに関しては、bB後継車は、パッソとブーンの兄弟車として考えてもよいのではないかと思う。

つまりパッソやブーンは、なだらかな曲線の女性的なイメージだが、新型bBは従来どおり若者向けの、つまり厳つい顔になるのではと予想する。

生産をするダイハツでは、2015年東京モーターショーで、コンセプトカー"D-base"を発表している。

bB後継車は、このD-baseのデザインを元にしたエクステリアになるのではないかともいわれている。

173-1.jpg
参照:ダイハツHP

もちろん、エクステリアだけでなくインテリアもそれに合わせて、パッソ/ブーンと差別化されるだろう。

また、情報が入り次第お伝えする。

スポンサードリンク